Guns N' Roses Song Archives by yesterdazeでタグ「Joe Perry」が付けられているもの

Mama Kin

|
ファーストep「Live Like a Suicide」に(もちろん後に「GN'R Lies」にも)収録された「Mama Kin」は、ご存知Aerosmith(オリジナルは'73年作「Aerosmith」に収録)のカヴァーだが、イントロを短くアレンジし、本家を上回るダイナミックな演奏がインパクト大の一曲。

ライヴ初演は'85-'86年頃と考えられており、アルバムデビュー以前にはライヴレパートリーであったが、「Appetite for Destruction」ツアーではたまにピックアップされる程度になり、「Use Your Illusion」ツアーでは姿を消す。

唯一プレイされたのはPay Per Viewで同時中継が行われた'92年6月6日Paris公演で、AerosmithのSteven TylerとJoe Perryがアンコールでゲスト参加したヴァージョンである。また後に、お遊び程度ではあるが、'06年7月14日「Bilbao Live Festival」で同曲イントロのさわりだけをプレイした記録あり。

また'02年4月29日にHollywoodで行われたRandy Castilloの追悼チャリティショウでは、元GN'RのSlash/ Duff/ Mattに加え、BuckcherryのJosh Todd/ Keith Nelsonによる即席バンドが、Steven Tylerをゲストヴォーカルに迎えプレイした事でも知られる(もちろんこれは、後のVelvet Revolverへの礎として知られる原型バンド)。

Train Kept a-Rollin'

|
GN'R「Use Your Illusion」ツアー中の'92年6月6日Paris公演のアンコールで、AerosmithのSteven TylerとJoe Perryがゲスト出演。ツインヴォーカル、トリプルギターの豪華共演が実現したのが、Aerosmithのカヴァーでも有名な The Yardbirdsチューン「Train Kept a-Rollin'」だった(オリジナルは'65年作「Having a Rave Up」に収録。また Aerosmithヴァージョンは'74年作「Get Your Wings」に収録)。

GN'Rとしてはこれが初演となり、翌'93年には「Double Talkin' Jive」間奏のジャムパートで幾度となく演奏されることに。また'90年3月3日、AerosmithのInglewood公演にAxlとSlashが飛び入りし、同曲で共演した。

 Aerosmith Ticket Inglewood 1990

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。